糖尿病について

糖尿病人口の現状

糖尿病が疑われる成人の推計が2016年に1,000万人に上ったことが、厚生労働省が実施した「2016年国民健康・栄養調査」で分かりました。前回(2012年)調査より50万人増え、調査を開始してから最多となりました。

糖尿病人口がはじめて1,000万人の大台に

調査は2016年に全国から抽出した2万4,187世帯を対象に実施。糖尿病の推計は4~5年ごとに行っており、20歳以上の男女約1万1,000人に血液検査を実施し、過去1~2ヵ月の血糖状態を示すHbA1c値を測定。HbA1c(NGSP)値が6.5%以上の人を「糖尿病が強く疑われる」と判定、HbA1c値が6.0%以上、6.5%未満を「糖尿病の可能性を否定できない」と判定しました。

その結果、「糖尿病が疑われる人」は12.1%(男性16.3%、女性9.3%)に上り、1997年以降増加していることが判明しました。

男性では50歳代で12.6%、60歳代で21.8%、70歳以上で23.2%。女性は50歳代で6.1%、60歳代で12.0%、70歳以上で16.8%が該当します。



糖尿病の原因

それでは近年どうして糖尿病が増加しているのでしょうか?

食事をすると血糖値が上昇し、膵臓から血糖を下げるホルモンであるインスリンが血中に分泌されます。このインスリンが体の細胞に作用することによって血中の糖分が細胞に取り込まれ、血糖値が低下します。インスリンの出が悪くなったり(インスリン分泌不全)、インスリンが出ていても効きが悪くなると(インスリン抵抗性)インスリン作用不足となり、糖分が血中に停滞し血糖値が上昇していきます。日本人を含む東アジア人は欧米人に比べると遺伝的にインスリン分泌能が弱いといわれています。

昔より日本人は、魚類、野菜、米食中心の食事をしてきましたが、近年、食の欧米化で動物性脂質をより多く摂取するようになりました。毎日カロリーの多い食事を摂取したり肥満になるとインスリンの分泌が多くなるため膵臓が疲弊してしまい、ついにはインスリンを分泌する力も低下し、血糖値を下げきれずに糖尿病を発症してしまいます。

このような理由で、インスリン分泌能の弱い東アジア人は糖尿病を発症しやすいと考えられています。もう一つの理由としては、現代人の運動不足が挙げられます。

車などの交通機関が発達し生活が便利になった反面、活動量、運動量が減ってきました。運動量が減ると消費するカロリーが減り、摂取するカロリーの方が多くなる結果、体重が増加し、肥満につながります。実際、脂肪摂取が多くなるほど、また車の保有台数が増えるほど糖尿病が増加する相関関係が認められています。

糖尿病の症状

下図にあるような、多尿、口渇、多飲、体重減少などが典型的な症状として知られています。

しかし、これらの症状はある程度病状が進行し、常に高血糖状態が続くと出てくる症状です。つまり、このような症状が出現しているということは、ある程度病状が進行している事が考えられます。

現在では、健診などにより、無症状のうちに血液検査などで指摘されることが圧倒的に多くなってきました。

逆に言えば、健診で指摘される段階で治療に取り組めば、十分に糖尿病のコントロールや改善は可能であると思います。

糖尿病の合併症

糖尿病の治療を行わすに放置し、高血糖状態が持続すると、ほぼ全身に及ぶ合併症が出現します。

糖尿病の発症後は末梢神経や眼の網膜、腎臓のような細い血管が多い臓器に起こりやすく、両足のしびれや痛み、視力低下、浮腫のような症状が出現します。

一旦症状が出てしまうとなかなか後戻りができません。また、糖尿病を発症しても合併症の症状が出ないことが多く合併症の治療が手遅れになることがよくあります。

糖尿病の合併症が進行してしまうと、失明や壊疽に至ったり人工透析を余儀なくされ、毎日の生活の質が極度に低下してしまいます。

さらに重要なのは、動脈硬化を引き起こすことです。

脳や心臓を養う動脈に閉塞病変が起こると、脳卒中、心筋梗塞を引き起こし命に関わることになります。また足の動脈が侵されると糖尿病性壊疽を発症し切断を余儀なくされることもあります。 動脈硬化は糖尿病になってからではなく、糖尿病前段階の糖尿病予備群の頃からも発症することがあり注意が必要です。

糖尿病の診断基準

糖尿病の治療を行うのはこれらの恐ろしい合併症をくい止め、生活の質を維持することが目的なのです。糖尿病の検査は血糖値を調べます。血糖値は上がったり下がったりするため、10時間以上空腹時の測定や、ブドウ糖を水に溶かした物を飲んで、その後血糖値とインスリン分泌量の変化の推移を調べる方法で診断します。

下記のような特徴が見られたら、糖尿病の疑いがあるとされます。

  • 空腹時血糖値が126mg/dl以上
  • 75gOGTTで2時間後血糖値が200mg/dl以上
  • 随時血糖値が200mg/dl以上

それから改めて、別の日に行った検査で同様な数値が確認されるか、眼底検査で「糖尿病性網膜症」所見が陽性か、HbA1C値が6.5%以上なら糖尿病の診断となります。

※①:IFGは空腹時血糖値110~125mg/dLで2時間値を測った場合、140mg/dL未満の群を示します。ただし、WHOではなくADAでは、空腹時血糖値100~125mg/dLとして、空腹時の血糖値のみで判定しています。
※②:空腹時血糖値が100~109mg/dLの間は正常ですが、「正常高値」と分類されるため、OGTT(ブドウ糖負荷試験)を行うことが進められます。
※③:IGT(耐糖能異常)はWHOの診断基準に入れられている分類です。

糖尿病の治療

糖尿病の治療の基本は食事療法と運動療法で、その上に薬物療法が成り立っています。

食べ方の見直しと運動の励行です。

これには、やり方のコツがあります!

<糖尿病における食べ方>

食べる量食べる時間と栄養バランス、この3点!

  • 食べる量・・・・・おなか8分目!
  • 食べる時間・・・・朝食は必ず食べ、夕食は午後8時までに食べること!
  • 栄養バランス・・・炭水化物を減らし(ごはんなら茶碗に軽く一杯)その代わりに野菜を食べ始めに多めに(お椀一杯分)とる!
  • 糖尿病においては炭水化物が食後の血糖を上げる主な原因となるので、ごはん、パン、麺類の量の調節が重要です!

    ちなみに、間食は厳禁ですが、ピーナツ、チーズ、ヨーグルト(砂糖無)、おでん(ちくわ等練り物以外)であれば血糖上昇が少ないので適量可です。

    <糖尿病における運動の仕方>

    有酸素運動と軽い筋トレをしましょう!

    • 有酸素運動・・・20~30分のウォーキングが好ましいですが、各食後に10分のウォーキングでも効果的がでます。通勤時に遠回りするなど工夫し、週に3日以上は行いましょう!
    • 軽い筋トレ・・・ダンベルなどを使っての軽い筋トレも有酸素運動と組み合わせると効果的です。週に2回は行いましょう!

    普段から少しでも動くようにすると積もって血糖値は下がるようになります。
    動いているときは血糖値がさがっている!と思いながら行ってください。

    <糖尿病の薬物療法>

    【経口薬】
    特徴 種類 主な作用
    インスリンの分泌量を増やす スルホニル尿素(SU)薬 インスリン分泌の促進
    速効型インスリン分泌促進薬(グリニド薬) より速いインスリン分泌促進で食後血糖値の改善
    DPP-4阻害薬 血糖依存症のインスリン分泌促進、グルカゴン分泌抑制
    インスリンの作用を改善する ビグアナイド薬 肝臓での糖新生を抑制
    チアゾリジン薬 骨格筋・肝臓でのインスリン感受性改善
    糖の吸収と排泄を調整する α-グルコシダーゼ阻害薬 炭水化物の吸収遅延による食後高血糖の改善
    SGLT2阻害薬 腎臓での糖の再吸収阻害による尿中ブドウ糖排泄促進

スルホニル尿素(SU)薬
すい臓のβ細胞を刺激することでインスリンの分泌を促進し、血糖値を下げる薬です。
ただ、低血糖を起こしたり、空腹感を感じて体重増加を招きやすい側面もあります。
β細胞にインスリンを作る能力が残っている患者さんに使用します。

速効型インスリン分泌促進薬(グリニド薬)
SU薬同様、インスリン分泌を促進し血糖値を低下させます。ただ、こちらの方がより血中への吸収と血中からの消失が速いため、効果が現れるまでの時間、および効果が持続する時間が非常に短いです。1日3回、食事の直前に服用します。

DPP4阻害薬
血糖降下作用を持つインクレチンという消化管ホルモンの分解を抑制することにより、インスリン分泌を促進したり、血糖値を上昇させるグルカゴンの分泌を抑制して、血糖値を低下させます。

ビグアナイド薬
肝臓や消化管から糖が吸収するのを抑制したり、すい臓以外に作用することで、末梢組織でのインスリン感受性を改善させることで血糖値を下げるお薬です。
体重を増加させにくく、インスリンの分泌に関係しませんが、乳酸アシドーシスを起こす可能性を含んでいます。

チアゾリジン薬
脂肪細胞へ作用することでインスリン抵抗性を改善し、血糖を下げる効果があります。

α-グルコシダーゼ阻害薬
食事から摂取した炭水化物の分解を抑えることにより血糖値の上昇を防ぎますが、肝障害や腸閉塞のリスクがあります。1日3回食事の直前に服用します。

SGLT2阻害薬
腎臓で排出されるブドウ糖の再吸収を抑え、尿に糖を多く出すことで血糖値を低下させる効果があります。

【注射薬療法(インスリン療法)】
インスリンを直接補充することで血糖値を下げる方法で、1型糖尿病患者さんには特に大切です。2型糖尿病患者さんにおいても、食事療法や運動療法、経口血糖降下薬で望ましい効果が見込めない場合や、治療開始時や治療中断等で高血糖となっている場合に用いられます。
インスリン製剤は、効果が出てくる時間、効果の持続時間によって、

  • 超速効型
  • 速効型
  • 中間型
  • 混合型
  • 持効型溶解
などの種類があります。これは患者様に合わせて、使い分けがなされます。

分類効果発現時間作用持続時間用法
超速効型10~20分最大作用時間約2時間食事直前の投与で、食事による血糖値上昇を抑制
速効型30分程度(皮下注射の場合)約5~8時間(皮下注射の場合)食前投与で食事による血糖値上昇を抑制
中間型約1~3時間約18~24時間
混合型それぞれの作用発現時間中間型インスリンとほぼ同様超速効型か速効型と中間型を多様な比率で混合したもの
持効型溶解約1~2時間ほぼ1日インスリン分泌を補い、空腹時血糖値上昇を抑制

糖尿病の予防

糖尿病は治療を放置したり、発見が遅れたりして合併症が出現してしまうと生活の質の低下につながり、最悪で心血管病の発症などをきたし命に関わることになりかねません。
特に両親や兄弟に糖尿病がある中高年の方や肥満気味の方、他の生活習慣病を指摘されたことがある方は定期的に健診や人間ドックを受けてください。生活習慣病の背景には日常生活の食事と運動(活動度)が大きな部分を占めています。
食生活の欧米化による生活習慣病の急激な増加とそれによる心血管病などの動脈硬化性疾患の増加は、日本人が古くから行ってきた食生活を見直す警鐘であるとも捉えられます。
糖尿病を正しく理解し、糖尿病の発症や合併症を未然に防ぐよう普段から健康的な生活スタイルを意識していきましょう。

糖尿病専門外来のお知らせ

当院では、糖尿病専門外来を行っております。お気軽にご相談ください。予約外来ではありません。また一般内科の診療も併せて行っております。

日時:火、水、金、土曜(第2土曜は午前まで)
担当医:黒木 宏之先生 糖尿病専門医

モバイルサイト

QRコード

携帯からクリニックの最新情報へ

簡単アクセス!


Copyright (C) Junyukai. All Rights Reserved.